検索
  • SASAKI

【社内取り組み】「実行計画」というプレゼンの場

いつもお世話になっております。 弊社の「尼崎事務所」の社員は半数以上が外国人なので、 工夫をしながら、様々な「スキルアップのための環境構築」に取り組んでいます。


今回は、毎週水曜日に行っている「実行計画」をご紹介します。

参加者は全員で16名で内訳として 「ベトナム人 7名」、「韓国人 3名」、「中国人 1名」、「日本人 5名」です。 出席した外国人社員の日本語レベルは基本 N2 以上で、N1 メンバーも多数います。 ※N2はビジネスレベル、N1は最高水準です。

「実行計画」はスタートして今回で第69回目で、 社員がローテーションでプレゼンを実施します。 まさしく「継続は力なり」でどんどんプレゼンのクオリティが上がってきています。 事前に資料を作成し、プロジェクターとパワーポイントを使ってプレゼンをします。

今回は人事部のスタッフが「人事部の仕事内容」をプレゼンしました。

参加者は真剣に聞き、気になることがあればその都度、質問をします。


社会保険や労働保険、損害保険などを社員の事例を踏まえながら、説明しています。

各種手続きに関しても具体的に説明します。自分が理解していると思っていることも、実際プレゼンをしてみるとうまく説明できないことは日本人でもよくあることです。


だからこそ、「実行計画」本番までに何度もリハーサルを重ね、先輩社員から日本語の発音や話すスピードを修正されながらも、完成度を上げていきます。プレゼンしている彼女も一生懸命練習を重ね、入念に準備をしていました。

私も練習(リハーサル)には何度も参加しましたが、「もっと上達したい!!」そういう想いがメラメラと伝わってきました。本番は、過去の練習の中で一番のデキだったと思います。私自身も彼女たち(彼ら)を見習って、日々向上心をもって仕事に従事したいと感じました。


弊社での取り組みなどを今後もアップしていきますので、よろしければ下記の購読フォームにアドレス登録をお願いします。ブログ更新されると案内メールが届きます。

最後まで、お読みいただきありがとうございました。

29回の閲覧
 

​Soltecプラントキャリアから最新情報をお届けします