検索
  • SASAKI

【日本語教室】オンライン×オフライン授業の難しさ

お世話になります。

弊社の日本語教室はレベル別にクラスを分けています。

尼崎工場の少し日常会話ができるメンバーと和歌山工場のメンバーで授業を行いました。

オンライン×オフラインの授業だったので、慣れず難しいと感じる部分は多々ありましたが、改善あるのみで継続していきます。

人事部やシステム部のメンバーもサポートに入り一緒に授業を作ります。

まずはウォーミングアップでカレンダーの数字から読み上げます。

6日(むいか)、8日(ようか)、20日(はつか)など、読み方が違う数字もしっかりと読めていました。

ホワイトボードにイラストを貼って反復練習。(オンラインのメンバーはちょっと見えにくかったようなので改善が必要だと感じました)

「読めるけど書けない」と、メンバーからは「漢字を教えて欲しい」との声が上がっていました。私含め、最近は日本人もPC作業が増えたことにより「読めるけど書けない」人は多いのではないでしょうか?

仕事終わりの90分授業ですが、90分って一瞬ですね。先生が熱心に授業をしてくれるので、あっという間に終わりの時間がやってきます。昨日より今日の日本語習得を目指して頑張っていますので応援したいと思いました。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いいね!コメントもお待ちしております。

14回の閲覧
 

​Soltecプラントキャリアから最新情報をお届けします